RESTO | 低価格・高い専門性・安心の実績の飲食店経営専門コンサルティング・デューデリジェンス

× CLOSE

RESTO

コンサルティング

個々の店舗に最適化した
オーダーメイドの
コンサルティング

重要で高い専門性が求められる立地判断、顧客満足度を高めつつ回転率を上げる店舗デザインやオペレーション改善、
売上アップに欠かせない経営計画の策定、必要な資金調達のすべての面において豊富な経験とノウハウで経営を支援。


居酒屋・バル
居酒屋 バル バール
ビアホール ビアレストラン
ダイニングバー

ラーメン・中華麺
ラーメン ちゃんぽん
担々麺 台湾まぜそば

和食
割烹 懐石料理 料亭
京料理 小料理
寿司 天ぷら 海鮮 かに
ふぐ うなぎ どじょう
あなご おでん すき焼き
しゃぶしゃぶ 豚しゃぶ

焼肉・ステーキ
炭火焼肉 鉄板焼
ステーキ 牛タン ホルモン

焼鳥・串料理
焼鳥 串カツ 手羽先
鳥料理 水炊き

定食・丼
定食 唐揚げ とんかつ
牛丼 カツ丼 親子丼
天丼 海鮮丼

イタリアン
スペイン料理
パスタ スパゲッティー ピザ
西洋各国料理
スペイン料理 タパス

洋食屋・フレンチ
ハンバーグ オムライス
ハヤシライス 洋食屋
フレンチ ビストロ
ビストロノミー

ハンバーガー
バーガー ハンバーガー
アメリカ料理

中華料理
中華料理 飲茶 点心 餃子
肉まん
北京料理 上海料理
広東料理 四川料理 台湾料理
中華鍋 火鍋

東南アジア料理
中南米料理・各国料理
アジア料理 タイ料理
ベトナム料理 インドネシア料理
シンガポール料理
エスニック料理
メキシコ料理 ブラジル料理
オセアニア料理 ドイツ料理
トルコ料理 ロシア料理

そば・うどん
そば 更科そば 十割そば
信州そば 田舎そば
うどん 鍋焼きうどん
うどんすき ほうとう
讃岐うどん 稲庭うどん
きしめん

カフェ・喫茶店
カフェテリア 喫茶店 軽食
コーヒー 紅茶
ケーキ スイーツ パンケーキ
スープ専門店

カレー・インド料理
カレー インド料理
スリランカ料理
ネパール料理 パキスタン料理

ベーカリー・パン
ベーカリ パン サンドイッチ

Bar
Bar バル バール

各種飲食店
郷土料理
お好み焼き 焼きそば
たこ焼き 明石焼き 広島焼き
もんじゃ焼き
沖縄料理 ジンギスカン
馬肉 くじら料理 ちゃんこ鍋
モツ鍋

現状維持は衰退です。
必要なのは絶え間なく柔軟に進化させること。
同じ問題意識を持つ人が集まれば大きな力になります。
ライバル店は全速力で進んでいます。

きっかけは強い思い。
RESTOは変化を提案し、飲食店と一緒に100年企業を目指します。

メールでお問い合わせ

  

デューデリジェンス

RESTOの飲食店
デューデリジェンスが選ばれる
3つの強み

低価格・高い専門性・安心の実績の3つの強みを基本に、デューデリジェンスの実績とノウハウを活かしてM&Aによる企業のシェア拡大・多角化を強力にサポートします。

LOW PRICE

低価格

デューデリジェンス報酬についてのRESTOの考え方

1デューデリジェンス業界 最低水準の報酬

着手金   円!
料金表以外 円!
追加料金  円!
財務デューデリジェンスの費用は、一般的に1時間当たり2~5万円となっていることが多く、中小企業のデューデリジェンスでも100万円~300万円、場合によっては500万円近くもの費用がかかることがあります。
より多くのお客様に気軽にデューデリジェンスをご利用頂けることが大切だと考え、他社と比べて低価格の料金設定にしています。
M&Aによる企業のシェア拡大・多角化を強力にサポートします。

2オープン化されたデューデリジェンス報酬

デューデリジェンス報酬をホームページ上で全てオープンに。
安心してご利用いただけることを大切にしています。
税理士法人MFMグループのデューデリジェンス報酬は大手監査法人と比べて低価格ですが、
それ以上に大切にしていることは料金のオープン化です。
多くの監査法人や税理士法人ではその金額を公表しておらず、結果として安心して財務デューデリジェンスを利用するのが難しくなっています。
そこで、今までに頂いたお客様の声をもとに、多くの会社で公開されていないデューデリジェンス報酬をホームページ上で全て公開し、安心してご利用頂ける低価格の料金設定となっています。

3安心の後払い報酬

財務デューデリジェンスのご依頼にあたり、初回相談料や着手金は頂いておりません。
デューデリジェンスがすべて終わった後に料金表にもとづいて計算した報酬のみのご請求となります。

SPECIALIZATION

高い専門性
高い専門性で経営支援

シェアを拡大または事業を展開する方法として、M&Aを実行する企業が増えています。
優良な企業を買収して会社規模の飛躍的な拡大を図れば、株式公開を一気に実現することも可能です。
手元資金がなくとも、合併、会社分割、株式交換といった手法を使えば、現金を使わずに、自社株式で他社の経営権を取得することができます。

財務デューデリジェンスは財務諸表監査の知識と経験があり、財務的なリスクを見抜ける能力に長けている公認会計士に依頼するのが安心です。
税務デューデリジェンスは税務のスペシャリストである税理士の専門分野です。
税理士法人MFMグループではデューデリジェンスの経験が豊富な公認会計士・税理士の有資格者によるデューデリジェンスを行っています。

  
PERFORMANCE

安心の実績

高い実績

60年以上にわたって会社の経営を支え続けてきた
税理士法人MFMグループならではの安心の実績。
――
M&Aを成功させるには専門家によるデューデリジェンスが欠かせません。
上場企業は監査法人の監査を受けており、その財務諸表は一般に公正妥当と認められる企業会計の基準(GAAP)に準拠して適正に表示されているというお墨付きをもらっていますが、中小企業ではそのような財務諸表監査制度はないためほとんどの企業で何らかの簿外負債や隠れ債務が存在しているのが実情です。
経営者様の迅速で正確な意思決定を支えています。

深い理解

全国の様々な飲食店をお任せいただける広い視野を持っていますが、それ以上に大切にしているのは飲食業界の深い理解です。
――
事業拡大中の外食チェーンは、外食業界内で多角化を進めることにより複数の外食ブランドを抱え、経営の安定や規模の経済を求める会社が多く、M&Aによる買収を積極的に進めています。

外食業界は、顧客ニーズの多様化により事業ライフサイクルが短縮化しており、この市場環境に適合するため専門店化が進んでいます。
新業態への挑戦のために小規模店舗のM&Aも行われています。

また外食業界は、原材料費の上昇や少子高齢化による人手不足という課題に直面しています。
シナジー効果(相乗効果)を得るため、また組織の単純化や無駄の排除(規模の経済を教授する)ためにもM&Aが行われています。